社会人になってからこそ勉強

ビジネス本の書評や資格取得に関する情報の配信

【書評】中小企業診断士 最強入門テキスト

こんばんは。hiraです。

 

今回のテーマは、「中小企業診断士って有名な資格だけど、

難易度とか内容ってどんなもんだろう。」です!

 

そんなわけて、テキストを買ってみました。

中小企業診断士最強入門テキスト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最速合格!中小企業診断士 最強入門テキスト ’19年版 [ 指尾 成俊 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/3/26時点)

楽天で購入

 

 

本の表紙がすでに真面目な感じ出てますね笑

 

1.著者

 指尾成俊さん

 AAS関西 中小企業診断士

 2次試験に特化した機関のようです。

 

2.本の概要

 中小企業診断士の試験範囲は非常に広いです。

 以下の7科目存在します。

 ・経済学、経済政策

 ・財務、会計

 ・企業経営理論

 ・運営管理

 ・経営法務

 ・経営情報システム

 ・中小企業経営、中小企業政策

 

 冒頭では試験概要や診断士になった後のメリット

 その後は7科目それぞれを広く浅く教えてくれます。

 

 上記にも書いた通り、2次試験に特化した機関の方なので

 別冊「2次試験対策ブック」がついてます。

 

 

3.評価

 ネットで調べたり本屋に行くと、

 中小企業診断士の本ってかなりあります。

 

 しかも問題集とかも、科目ごとにある・・・

 

 この本は広く浅く教えてくれるわりに、

 難易度の高い2次試験の事例集もあるので、

 中小企業診断士の勉強に向けた

 最初の1冊としてはおススメです。

 

 試験の概要とかジャンルを理解して、

 自分の苦手な科目が分かったりしてくると

 さらに特化した本を買って勉強って感じなのかな。

 

それにしても中小企業診断士の試験範囲は広いなーと

感じましたね。

 

コンサル向けなイメージもありますが、

サラリーマンでも十分役立ちそうな内容でした。

 

ぜひぜひ